中古パソコンのバッテリーの正体

Posted on by

最近のモバイルPC、俗にいうノートパソコンのほとんどがリチウムイオン電池を採用しています。以前はニッカド電池というものもありましたが最近では見かけることは少なくなってきたようですが、中古パソコンの年代によってはまだ健在のものもあるでしょう。以前のニッカド電池には、充電された電気を使いきらない状態で再充電すると、その時点での電圧が最低レベルの電圧として記憶され、バッテリー容量が少なくなってしまうという特性がありました。リチウムイオン電池はそのようなことは無かったのですが、かわりに過充電による電圧の低下が起こります。これはどういうことかというとバッテリーを装着した状態でACアダプタを使用していると過充電になり、内蔵バッテリーを使用していない状態であるにもかかわらず短い期間でバッテリーの寿命が尽きてしまうというものです。リチウムイオン電池にはおよそ500回という放充電の目安が設定されていますが、この状態で使用していると、その目安にかかわらずバッテリーは寿命を迎えてしまいます。デスクトップの代わりとして使用されるときはバッテリーを外し、涼しい場所で保管するといいでしょう。その際電圧は満充電状態ではなく半分くらいの状態がいいと言われています。また、新品のリチウム電池は非常に高価です。メーカーにもよりますがノーマルタイプで15.000円、大容量タイプで25.000円位が相場でしょうか。このことが電池を買い直すくらいなら、いっそ中古パソコンを購入しようという動きにもつながっていると思われます。中古パソコンの場合、多くは付属のACアダプターの使用を推奨しています。電池に関しては買取った状況のままということも多く、動作に不具合が無い限りモバイルとしての駆動時間はあまり考慮していないようです。なかには電池そのものを修理した再生品を使用している場合もあり、その場合は値段も当然高くなります。修理と言っても寿命を迎えた電池は再生しませんので、電池パックを分解し、中のセルを交換しているわけで考えようによっては新品の電池とかわりはありません。ただ、外観などは中古のままだということです。モバイルパソコンは何と言っても機動性が問われるわけで、最低でもACアダプタ無しの状況で1~2時間は起動して欲しいと思う消費者は多いのです。そのような要望にも再生電池はマッチしており、物によっては新品に比べて三分の一の価格で購入できるとあって、中古パソコン業界でも最近力を入れ始めています。