中古パソコンのメリットとは

Posted on by

中古パソコンは新品のパソコンに比べてメリットはあるのか、と言うと一つはもちろん安さです。やはり中古の方が新品よりも安く買うことが出来ます。ですが、その一方で保障期間の短さや、耐用年数の問題などデメリットも目に付きます。では安さ以外に中古パソコンのメリットはあるのか、と言うと知識のある人にはあると言えます。それは使えそうな部分はそのままに、他の部分は取り替えてしまうのです。例えばノートパソコンの場合ですと、一番劣化が目に見えるのは電源部分、バッテリーです。そこで中古でパソコンを買った後に電源の合うものを探してきて取り替えてしまうのです。また、単純に安いお金で性能を底上げすることも出来ます。中古パソコンを買った後にメモリを追加するのです。現行のものよりもCPUの速度では劣るかもしれませんが、現行のものよりも安いお金でメモリは現行の倍ほどに増やすことも工夫次第では可能です。このメモリを取り替える行為はノートパソコンだけでなくデスクトップでも恩恵があります。また、組み立てタイプのデスクトップの場合はメモリ以外にも電源、クーラー、GPU、CPUなど様々なものを必要に応じて取り替えることが可能となっています。つまり、知識があればメモリ交換以上の性能の底上げが新品で買うよりも安くできる、というわけです。知識があるので、保障期間の短さもたいしたデメリットにはなりません。また、保障期間がないゆえに早いサイクルで取り替えるので、部品の交換を早いサイクルで躊躇なく出来るというメリットもあります。さらに人気の商品ですと新品では中々ないが中古なら在庫がある、といった場合も少なくありません。単純に欲しいものが中古でしかないから、といった理由で中古パソコンが選ばれる場合もあります。また、中古パソコンと言うと人の手に渡ったもの、という印象がどうしても強くなりますが、メーカー再生品、つまりは初期不良でメーカーに戻ってきたものがメーカーの手で再生され、再び市場に出回ったもの、といった新品同然のものも中にはあるので狙い目です。ただし、そういった新品同様の中古品は通常の中古品よりも少々高くなってしまうので、安さという観点から見ると少し魅力が欠ける部分もあります。兎にも角にも中古品のメリットはやはり新品のものよりも安く済む、というところにあります。基本的には予算の制約の中で性能を引き上げたい、といった用途がお勧めです。