中古パソコンのメール設定の仕方

Posted on by

中古パソコンでメールを利用するためには、いくつかステップをクリアする必要があります。まず始めにメールソフトがインストールされているかです。中古パソコンの場合、ほぼすべてがリカバリされているためメールソフトがインストールされていません。インターネット上からダウンロードしてインストールする必要があります。インターネット上には様々なメールソフトがありますが、もし迷うのであれば一番人気のソフトを利用すると良いでしょう。人気のソフトは使いやすく、多くの人に支持されているからです。 メールソフトのインストールが成功したら、次に起動してメール設定画面を開きましょう。その画面でメールの初期設定を行っていくのですが、その時にメール設定用のアカウントとパスワードが必要になります。プロバイダーから配布されているメールアドレスの場合は、インターネット接続に必要なIDとパスワードが書いてある書類に記載してあります。フリーのメールアドレスの場合は、会員ページで確認することができます。アカウントとパスワードを入力することができたら次に受信サーバーと送信サーバーを設定する必要があります。これはメールサービスを提供している会社によって違うので、書類や会員ページを参考にすると良いでしょう。 そこまで設定ができればメールが使えるようになります。中古パソコンに設定できるメールアドレスは1つだけではありません。メール設定を行えば何十個でも使えるようになります。メールソフトも同様で、色々なソフトをインストールすることができます。 もしメール設定でわからないことがあったら、プロバイダーなどが行っているサポートセンターに電話をすると良いでしょう。オペレーターの人がやさしく丁寧に説明をしてくれるので誰でも設定することができます。5分程度で終わることなので、時間がない人でも安心して設定することができます。それでもわからないのであれば、ネット上に公開されている設定方法を閲覧すると良いでしょう。まとめサイトがあり、それぞれのメールソフトの違いや使いやすさなどを知ることができ、メール設定が簡単にできるようになります。 中古パソコンは何もソフトが入っていない分自由にカスタマイズすることができます。ネット上には色々なメールソフトがあるので、自分で使ってみて使いやすいソフトを利用すると良いでしょう。どのメールソフトも簡単に設定することができます。