インカムの奇跡

Posted on by

インカムは受話器などを持たず手ぶらで通話を行えるため、次世代通信の奇跡とよべないだろうか。
通話をしながら筆記ができ移動ができる。
同じ目的地へ車で移動するにしても、同じ車に同乗しなくても、同じ風景をリアルタイムで楽しみながら会話を楽しむ事ができる。
車ではぐれる事があっても、インカムで直ちに連絡を取り合い、修正が効き再会できる。
喋りながら聞きながらもう一つの作業ができる事は、単調な行動を複眼的な思考へと導いてくれるのだ。
携帯電話でさえ、耳に当て片手を携帯を持ち、文字入力をしながら両手を使わざるを得ない。
インカムはそれが全く自由になるのだ。
コールセンターではそれは常識で、昔と違い電話応対だけの仕事ではない。
顧客と通話をしながらパソコンのシステムを駆使し、瞬時に顧客の質問に答えていく。
これもインカムがあるがゆえ通用する代物であり、インカムがなかったら検索画面を探しては、受話器を取るという余計な時間のロスを生んでしまう。
このようにインカムは既に必要不可欠なものであり、その応用は限りない可能性に満ち満ちている。

豊富なコミュニティ機能が特徴のブログを通じ、利用者数が多いので様々なお客様とコミュニケーションが可能となります。そして利用者数が多いということはそれだけ集客に有利です。